画像

新着情報

ニュース一覧へ

僕は3代目の跡取りだ

群馬から上京した大工の祖父が基礎を作り、父が地域一番にまで成長させた工務店。そこに3代目長男として生まれた私は、周りの人から大事に可愛がられ、のびのび育ちました。
生意気盛りの私はある時、大工の親方に言いました。
「僕は社長の息子なんだぞ!」
両手を腰にふんぞり返り、座っている親方に言う姿は、まさに上からの物言いです。思い出すだけで恥ずかしい振る舞いですが、子供なりに、「僕は3代目の跡取りだ」という意識があったのです。

恐ろしい父に精一杯の反抗

そんな親方への言動を父は許さず、私はしゃべれなくなるほど頬を叩かれました。正論をいい、間違ったことを許さない父はとても怖い父でした。

思春期で「後を継ぐ」事がなんとなく恥ずかしくなり、中学の友達に、「寿司屋になりたいんだ。カウンター越しに美味い寿司をにぎってさ、お客の話しを聞くんだ」と話していると、その話を聞きつけた父はまた私を正論で叱りつけました。
「バカな事を言ってるんじゃない!」体が大きくなった私は、叩かれることはなくなりましたが、それでも父が恐ろしくて反論できません。だから私は精一杯の反抗として人を巻き込みました。

職住一体だった我が家では、夕飯時にお客さんが来ます。そこで、お客さんが来ている時をねらって喧嘩をしかけました。「子供じみた事を言うな!」という父に対して、この時ばかりは、お客さんを味方に付けて正面から反抗出来ました。
「なんで僕の言う事をちゃんと聞いてくれないの!」
演出のはずだったのが、いつの間にか本気で大泣きして訴えかけていました。それほど父に対して強いストレスを抱えていました。本当に建築が嫌いになりそうでした。

建築の道に進みたい

中学を卒業した春休みに、父から現場作業の手伝いをさせられました。他所でアルバイトをしたかったのに、「忙しい実家を手伝うのは当たり前だ!」と許されませんでした。

そこでは割栗という石をひとつひとつ並べたり、ふらふらしながら一輪車を押したり、鳶の手元として足場を掛けたり、大工さんと一緒に柱を担いだりしました。
厳しい父親の命令で一生懸命汗を流す15歳の私に監督や職人さんは優しく励ましてくれました。皆んながそれぞれの立場で、建築のいろんな事を教えてくれました。

高校に進学すると勉強もスポーツも他の生徒に歯が立ちません。
でも、父に強制された現場のアルバイトで私は建築の楽しさを知りました。その上、周囲にも評価され自分の居場所を見出すことが出来たのです。

「やっぱり建築の道に進みたい」
そう思って、私は建築の大学に進み、大手ゼネコンに就職しました。

続きを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • Clip to Evernote